外貨両替の手数料

はじめての方へ

インターネットの活用で、外貨の両替の手数料を圧倒的に安くできます。

身近な外貨両替

身近な外貨両替

外貨両替の身近な例は海外旅行や海外留学です。その他にも仕事での海外赴任や、海外在住の家族への送金など、イロイロなケースがあります。

手数料はかさみがち

外貨両替の手数料は、普通、銀行なら1米ドルあたり片道3円ほどです。たとえば「円を米ドルに変える」「米ドルを円に変える」とき、1米ドルあたり3円の手数料がとられます。

両替の金額が大きければ大きいほど、かなりの手数料になります。なので、外貨両替手数料の比較を、銀行ごとに調べる人も多いです。

外貨両替の裏技!

外貨両替の裏技!

あまり知られていませんが、FX会社には外貨両替のサービスを行っているところがありますコンバージョンとも言います)。

しかも、手数料が1通貨単位あたり0.2円と、格安のFX会社もあるのです。たとえば1米ドルなら、銀行は3.0円、FX会社なら0.2円。その差は一目瞭然です!

さらにFX会社なら、時々刻々変化するレートの好きなタイミングで両替できます。つまり銀行よりも小回りがきき、有利なのです。

扱う通貨も豊富で、ユーロ、米ドル、ニュージーランドドル、オーストラリアドル、カナダドル、イギリスポンド、スイスフランなど、さまざまです。

おすすめのFX会社

おすすめのFX会社

FX会社の中でも、現時点でのおすすめは、マネーパートナーズです。 その理由は、外貨両替のかなりの部分を無料で利用できるからです。

1. FXの口座開設が無料

2. その口座へ円を入金するのが無料
   (クイック入金サービス)

3. 外貨両替手数料が、どの通貨でも0.2円で最低水準

4. 両替した通貨を、日本の銀行口座(外貨もしくは円の普通預金口座)へ出金
   する手数料が無料

5. FX業界初の上場企業で信頼性がある

外貨両替サービスを行っているFX会社は他にもあるのですが、両替手数料が安く、入出金手数料も無料なことから、マネーパートナーズが一歩リードしています。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズをもう少し知りたい方へ

マネーパートナーズのサイトの、いちばん左上にあるロゴマーク赤色の枠で囲った部分をクリックします。

パートナーズFX口座開設

そして飛び先となるマネーパートナーズ公式サイトの一番下の、コピーライト表示のすぐ上に、小さなリンクがあります。

このなかに「外貨両替」というリンクがあるので、これをクリックすれば、外貨両替について詳しく説明したページに行けます。赤丸の部分をクリックです。↓


マネーパートナーズ両替説明ページへのリンク

そして移動した「デリバリー・コンバージョン」ページの中段より下に、外貨両替
(コンバージョン)
という詳しい説明があります。以下に引用します。


マネーパートナーズの両替説明ページ

外貨両替の操作は簡単ですし、親切な説明もあります。そしてサポートも充実しているので、その点でも安心です。

マネーパートナーズ

その他のFX業者

その他のFX業者

ひまわり証券や、外為どっとコム、も両替サービスを行っています。

・ひまわり証券の場合も、外貨両替の手数料は0.2円です。しかし、そのお金の出金に5,000円の手数料がかかります。

・外為どっとコムは、手数料が0.3円と少し高く、そして三井住友銀行以外への出金だと、3,500円の手数料がかかります。

以上から、マネーパートナーズが一番おすすめしやすいです。

おまけ

マネーパートナーズのキャンペーン情報

マネーパートナーズでは2010年7月1日まで、キャンペーンを行っています。

キャンペーン期間中、FX口座を新規に開設して、口座開設月の翌月末までに

1.初回取引をしたすべての方に、2,000円!

2.150万通貨取引をしたすべての方に、3,000円!

合計で、現金5,000円がプレゼントされます。

マネーパートナーズ

概要

外貨両替の手数料は、手段や場所によってかなり異なることが分かりました。まず、宅配サービスなど利便性が高い方法を取ると手数料は高くなります。また、銀行の店頭での外貨両替は、現金の取り扱いの手間や店舗の維持などのため金券ショップやインターネットやモバイルより手数料が高いと考えればよいでしょう。

平成10年に「外国為替及び外国貿易法」(外為法)が改正される前は外貨両替を扱うのに大蔵大臣の許可が必要でした。その関係で外貨両替は郵便局だけが行っていました。改正後は許可が必要なくなり、民間銀行も金券ショップも、もっと言えば個人でも、手数料を取って外貨両替を行えるようになりました。もちろん手数料の額は自由競争です。その点、大手都市銀行の店頭の外貨両替の手数料がおおむね横並びなのは奇妙な気がしますが、その分、外貨両替専門のコーナーや店舗で手数料を下げる工夫をして競争していると言えそうです。三菱東京UFJのグループ内の専門店では銀行店舗と同じ手数料というケースもありますが、調べた範囲では例外的なようです。

私が都市部に住んでいるせいもあると思いますが、外貨両替の宅配サービスや郵送サービスは少々手数料が高いように思います。しかし、なかなか店舗まで行けない人には便利でしょう。インターネットやモバイルで外貨両替を申し込む場合は手数料は安いようですが、これは手間暇とその他必要経費が安いからでしょう。

Copyright (C) 2008 外貨両替の手数料 All Rights Reserved.